ホーム > できること > 靴下のいやなニオイは多くの場合は

靴下のいやなニオイは多くの場合は

靴下のいやなニオイの原因は多くの場合は靴だということをご存知でしたか。

季節に限らず、靴下の臭いを気にする人は多いと思います。

今回は靴下の臭いをできるだけ抑える方法を書いていきます。

まず初めに、靴下から嫌な臭いがするのは、靴から臭いが移ることが多いです。

そして靴からいやな臭いがするときには、ほとんどの場合、靴やに菌が繁殖しています。

この菌は濡れている状態だと繁殖しやすくなるため、靴、靴下をできるだけ乾いた状態、もしくは綺麗な状態にすることが臭いを軽減させるのに一番重要なことだと思います。

靴をできるだけ菌の少ない状態にするには、雨の日には防水スプレーをすることと、少しでも靴から臭いがしたら洗うことが大切です。

雨の日に防水スプレーをせずに外出した場合、靴が濡れて菌が繁殖しやすくなるので靴下や靴が臭くなります。

そういったことを防ぐためにも雨の日には防水スプレーを必ずするようにしましょう。

また靴が臭いということは、菌が繁殖していることが多いので、そういった場合は、靴を洗い菌を落としましょう。

以上の2つを実践すれば、靴の臭いが軽減され、靴下にも臭いが移ることは少なくなります。

足の臭いの原因 | 消臭靴下足の臭いナビ

関連記事

靴下のいやなニオイは多くの場合は
靴下のいやなニオイの原因は多くの場合は靴だということをご存知でしたか。 季節に限...
テスト
テスト記事です。...